永光会TOP > 新井クリニック > 診療案内 > ペインクリニック

ペインクリニック


完全予約制となっておりますので、まずはお問い合わせ下さい。

担当医師

谷本 賢明(たにもと まさあき) 先生

兵庫医科大学卒業
医学博士
麻酔科指導医
ペインクリニック認定医

ペインクリニックとは

痛みの診断と治療を行う診療科です。ペインクリニックは、麻酔科の一部門であることから麻酔をかけるから痛みがとれると誤解される方がいらっしゃいます。しかし当科では神経ブロック療法を主体とし、痛みそのものを根本的に治療いたします。

痛みについて(痛みの悪循環)

  1. 痛みのある部位には、筋肉のこわばりや交感神経(血の巡りを調整する自律神経)の緊張が起こっています。そのため、血の巡りが悪くなり、痛みを起こす原因となる物質がたまってきて痛みがひどくなることがあります。

  2. 痛みを持っている方は、いつも痛みが伝わる道が興奮しやすい状態になっています。そのため、もともとの痛みの原因である傷などが治っても、通常は痛くない刺激でも痛みを感じたり痛みが続くことがあります。痛みを我慢すると、このような状態が続き、ますます痛みが治りにくくなります。そのため、痛みを我慢せずに早く取り除くことが大切です。

神経ブロック療法とは

神経や神経節に直接、あるいはその周辺に局所麻酔を注入して神経の伝導(伝わり)を遮断(ブロック)することで、血の巡りをよくして体の自然に治ろうとする力を助ける治療法のひとつです。

神経ブロックの効果

  1. 痛みの伝わる道を遮断して、痛みが脳に通じないようにします。そして痛みの悪循環を断ち、痛みに敏感になっている神経を和らげます。

  2. 血の巡りを良くして痛みを起こす物質を洗い流します。このような効果で、神経ブロック療法を繰り返すことによって痛みがなくなってきます。

  3. 痛みのある病気だけでなく、血の巡りが悪いことによって起こってくる他の病気の治療にも効果があります。(顔面神経麻痺・突発性難聴・レイノー病・多汗症・鼻アレルギーなど)