大阪府八尾市の地域に密着した医療と介護を行う医療機関

お電話でのお問い合わせはコチラ

0729-98-2669
電話アイコン
 

よくある質問

気になる質問がございましたら質問箇所をクリックして下さい。

受付(新患・再来)について

Q.予約なしでも診てもらえますか?電話やEメール等で予約はできますか?

A.当院は予約制ではございません。直接ご来院ください。受付手続きをされた順番にご案内します。

Q.受付手続きは最終何時までに済ませる必要がありますか?

A.午前診は13時、午後診は19時までです。やむを得ず遅れそうな場合はお電話でご確認ください。

Q.深夜、祝日に急に体調が悪くなりました。診てもらえますか?

A.休診日や診療時間外の外来受診に関しては、お電話で確認してからご来院ください。当院の医師が対応可能な状況、症状であるかを確認させていただきます。医師の判断によってはお断りさせていただくこともございます。

Q.小児科はないようですが、子供でも診てもらえますか?

A.乳幼児でも診させていただきます。

Q.送迎はしてもらえますか?

A.行っておりません。

Q.初めて診てもらいたいのですが、新井クリニックと新井病院のどちらに行けばよいですか?

A.新井クリニックの1階受付窓口にお越しください。

Q.いつ行けば順番待ちせずに受診できますか?

A.平日の午前診は大変混雑し、ご不便をおかけしております。午後診の方が比較的空いております。また、雨天時も比較的空いております。受付窓口で目安の待ち時間をお伝えしますので、外出していただいても結構です。

Q.診察券を紛失した場合はどうしたらいいですか?

A.受付窓口にて再発行いたします。氏名を変更された場合も再発行いたします。

医療費やお支払いについて

Q.日曜日などに行くと、割増料金がかかりますか?

A.診療時間内であっても、平日の18時以降、土曜日の12時以降、日曜日に受診する場合は「夜間・早朝等加算」が加算されます。3割負担の場合150円の割増となります。受付手続きを行った時間を基準に計算します。

Q.診療明細書の時間外対応加算とはなんですか?時間外に受診した覚えはないのですが

A.時間外対応加算とは、継続的に受診している患者さまからの電話等による問い合わせに対して、原則として常時対応できる体制が整っている医療機関を評価した加算です。この時間外対応加算は、病気に関する相談などを診療時間外であってもかかりつけ医に電話相談をすることで、救急病院への受診を減らす目的で作られました。この加算は、受診する時間にかかわらず、当院を外来受診される方すべてに毎回算定されます。

Q.受付・お支払い・書類窓口は何時まで開いていますか?

A.月~水・金曜日 8:00~19:00
木・土・日曜日 8:00~13:00

Q.お支払いにクレジットカードや電子マネーは使用できますか?

A.ご利用いただけません。

書類の依頼について

Q.診断書を書いてもらいたいのですが可能ですか?

A.可能です。
・院内書式の診断書(一般診断書・警察署提出用)は、診察の際に直接担当医師にご相談ください。原則、即日交付いたします。費用は2,000円(税別)となります。
・保険会社請求等の診断書については、指定の書式を持参の上、受付窓口でお申込みいただき、後日交付いたします。費用は通常3,000円(税別)となります。記載内容によっては、交付まで2週間程度かかることがあります。通院日等の証明欄がある場合は、通院が全て終了した後にお申し込みいただくことで余分な費用をかけずに済みます。

Q.交通事故による後遺障害診断書を書いてもらいたいのですが可能ですか?交付まで何日かかりますか?

A.症状固定日より1ヶ月程度またはそれ以上かかることがあります。費用は5,000円(税別)となります。

Q.診断書は郵送してもらえますか?または代理人が受け取りに行っても良いですか?

A.郵送を希望する場合は、受付窓口でお申込み時に診断書作成料と郵送料をお支払いください。代理人によるお受け取りの場合は、患者さまの診察券等をご持参ください。

Q.はり・きゅうの同意書をすぐに書いてもらえますか?

A.はり・きゅうの施術について健康保険の対象となるのは、対象となる傷病(神経痛、リウマチ、五十肩、頸腕症候群、腰痛症、頚椎捻挫後遺症のいずれか)があり、医療機関において治療を行っても効果が現れなかった場合に限られます。したがって、初診月に交付することはできません。まずは、その痛みについて医師による治療を受けていただきます。

保険について

Q.受診したいのですが、今手元に健康保険証がありません(または保険の切り替え中です)。どうすれば良いですか?

A.そのままご来院下さい。健康保険証の確認がとれるまで、保証金(お預かり金)を入金していただき、後日、健康保険証の確認がとれましたら、それぞれの負担割合に修正して差額をご返金させていただきます。健康保険証は原本での確認を原則とさせていただいております。

Q.仕事中(通勤中)に怪我をしました。どのような手続きが必要ですか?貴院は労災指定ですか?

A.業務中や通勤途上で発生した疾病・ケガは、健康保険証を使用した診療が受けられません。これらの場合は労災保険での診療となりますので、働いている事業所に報告し、承認を得て下記のいずれかの書類をご提出ください。
・様式第5号(業務上の傷病の場合)
・様式第16号の3(通勤途上の傷病の場合)
・様式第6号(業務上の傷病で労災指定病院から当院へ転院する場合)
・様式第16号の4(通勤途上の傷病で労災指定病院から当院へ転院する場合)
用紙(各様式)は当院にも備えてありますし、お近くの労働基準監督署や、厚生労働省のWebサイトでも入手できます。
当院は労災指定医療機関です。なお、用紙(各様式)の提出がない場合は、保証金(お預かり金)を入金していただき、提出後にご返金させていただきます。

診療内容について

Q.お薬がなくなった場合、お薬だけもらうことはできますか?

A.処方には必ず診察が必要です。薬をもらうだけの受診は、保険診療の規則によりやむを得ない場合を除きお受けできません。みなさまが安全に治療を受けていただくためです。
多忙な方は、待ち時間がなくご来院の負担がないオンライン診療をご活用ください。また、障害や高齢等により通院に困難がある方は、訪問診療等をご検討ください。

Q.処方箋を再発行してもらうことはできますか?

A.処方箋の期限切れや紛失、お薬を無くした場合など、再発行に関わる全ての費用は、健康保険が適用されず自費での支払いとなります。また、向精神薬を何度も薬局で受け取るなどの不正行為が疑われる場合は、自費であっても再発行をお断りすることがございます。

Q.できれば女性の先生に診てもらいたいのですが、可能ですか?

A.はい。女性医師も勤務しております。外来担当医表をご確認ください。急な担当医の変更もございますので、お電話にてご確認ください。

Q.交通事故にてリハビリ通院中ですが、今後整骨院・接骨院に通院することは可能ですか?

A.保険会社にご連絡ください。整骨院や接骨院では、投薬、注射、レントゲンの撮影などの検査を受けることができないため、当院として推奨しておりません。整骨院や接骨院への通院許可や紹介等も行っておりません。
整骨院や接骨院にのみ通院し、当院の医師による診察が2週間以上行われなかった場合、自賠責保険による診療は例外なく打ち切らせていただきます。この場合、保険会社への書類送付や、後遺障害診断書の作成等の一切をお受けいたしかねます。

検査・検診について

Q.胃カメラや大腸カメラは初診日にしてもらえますか?

A.当日すぐの検査はできません。前日の食事や当日の前処置、服用中のお薬の確認など細かい決まりがあるからです。まず診察を受けていただき、検査の説明後、後日(予約日)にご来院いただきます。

Q.胃カメラをせずにピロリ菌の検査はできますか?

A.胃カメラを受けずにピロリ菌検査のみを行う場合、健康保険は使えませんのでご理解ください。胃カメラにて、胃炎や胃潰瘍(かいよう)、十二指腸潰瘍がある方のみ健康保険にてピロリ菌の検査を行うことができます。

Q.健康診断や特定健康診査は予約なしで可能ですか?結果はいつわかりますか?

A.予約制ではございませんから、直接ご来院ください。特定健康診査の場合は健康保険証と受診券をご提示ください。血糖検査がある場合は、お食事は控えておいてください。採血検査は外注ですので、結果の説明まで最大3日程度いただいております。後日、医師より結果を説明させていただきます。

Q.健康診断の料金はいくらかかりますか?

A.健康診断は全額自費診療扱いとなり、健康診断書に必要な項目によって費用が異なります。労働安全衛生規則では健康診断の必要項目を定めていますが、入社前に提出する健康診断書は、企業側が求める必要最低限の項目が満たされていれば十分です。あらかじめ転職先に必要項目の確認をしておくと、余分な費用をかけずに済みます。
労働安全衛生規則(第43条)では、「既往歴・自覚症状・他覚症状の有無」「身長・体重・腹囲、視力・聴力・血圧などの測定」「胸部エックス線写真」「貧血検査」「肝機能検査」「血中脂質検査」「血糖検査」「尿検査」「心電図」が必要項目となっております。この場合、15,000円程度の費用負担となります。

入院・お見舞いについて

Q.リハビリ目的での入院は可能ですか?

A.はい、可能です。ご病状・ご状態に合わせた内容のリハビリを提供いたします。詳しくはスタッフまたは理学療法士にお尋ねください。

Q.入院費はいつ支払うのですか?

A.入院中のご請求は毎月月末までの分を翌月10日頃に病室にお届けいたしますので、7日以内にご精算ください。退院時には、退院日までの請求書を退院当日に病室へお届けいたしますので、ご精算ください。

Q.高額療養費の申請手続きはどうすればよいですか?

A.患者さまご自身の加入する健康保険(社会保険・国民健康保険)にご連絡ください。多くの場合、健康保険証にはお問い合わせ電話番号が記載されています。限度額適用認定証がお手元に届きましたら、受付窓口に保険証と一緒に提示してください。

Q.テレビのカードの残が残ったときは精算できるのでしょうか?

A.受付窓口にてお申し出の上、ご清算ください。

Q.貴院に入院したいときは、どこに相談すればいいですか?

A.入院加療の必要性は医師が判断しますから、診察の際に直接担当医師にご相談ください。満床の場合や、症状の重症度、手術の必要性によっては他院を紹介することがございます。
・現在他院にご入院中の方は、入院されている病院の地域連携室など、退院調整ご担当者様にご相談ください。
・現在他院にご通院中の方は、かかりつけ医にご相談の上、紹介状等を持参しご来院ください。

Q.家族が入院しているのですが、かかりつけの眼科等にお薬をもらいに行ってもよいですか?

A.入院中の医療機関が知らない間に、 家族等が他の医療機関を受診することはできません。必ず主治医または看護師の許可を得てください。

Q.知人が入院しているかを事前に電話で確認することは可能ですか?

A.個人情報保護法により、そういったお問い合わせには原則お答えできません。直接ご来院いただき、ご確認ください。

Q.患者さまへのお菓子や生花を差し入れできますか?

A.お菓子などの差し入れは、患者さまのご病状によって主治医の許可が必要となりますので、スタッフステーションまでご相談ください。異食予防のため、乾燥剤を抜かせていただく場合がございます。生花や生モノなどは、感染対策上お持ち込みをご遠慮いただいております。

ハイパーサーミアについて

Q.ハイパーサーミアを受けるにはどうすればいいですか?

A.ハイパーサーミアは予約制となります。主治医からの紹介状(診療情報提供書)と検査結果や画像データ等をご用意いただき、当院放射線科に必ずお電話の上ご来院ください。初診日は当院担当医師による診察を受けていただき、後日(予約日)に治療を開始していただきます。

Q.どのようながんに効果がありますか?

A.脳、眼球以外のすべての部位の固形がんに適応されます。血液のがんには効果がありません。

Q.ハイパーサーミアの治療は何回実施しますか?1回の治療時間は何分ですか?

A.症状により異なりますが、基本的に8回を一連の治療とさせていただいております。1回の治療(加温)時間は40分程度です。

Q.ハイパーサーミアは保険診療ですか?料金はいくらかかりますか?

A.最初の8回までは保険適用され3割負担の場合、深部腫瘍では8回で27,000円、表在腫瘍(乳房、皮膚など)は18,000円になります。保険診療に伴う初診料や再診料、指導管理料は別途必要です。

Q.8回を超えての治療を希望する場合、料金はいくらかかりますか?

A.この場合、自費診療扱いとなります。1回あたり10,000円(税別)とさせていただいております。

Q.ハイパーサーミアを受けるには、現在の主治医の許可が必要ですか?

A.原則として主治医との連携により実施させていただいております。まずは現在の主治医にご相談の上、当院宛の紹介状(診療情報提供書)をご用意ください。

その他

Q.駐車場はありますか?

A.当院および周辺に専用駐車場がございますが、数に限りがございます。詳しくは、「アクセスマップ」をご確認ください。

Q.専用駐車場が満車の時はどうすればよいですか?

A.新井クリニックの敷地内にも駐車スペースがございますのでご利用ください。

Q.院内に売店やATMはありますか?

A.ありません。近隣のコンビニ等をご利用ください。

Q.新井クリニックと新井病院の違いは何ですか?

A.新井クリニックは、みなさまによくご利用頂いている外来診療や、急な病気や怪我の患者さまが一時的に療養していただく入院機能があります。新井病院は、長期療養が必要なご高齢の患者さまのための介護療養型医療施設です。法律的には、ベッド数19床以下が診療所(クリニック)、ベッド数20床以上が病院と定められています。

Q.意見や要望、苦情はどこに伝えればいいですか?

A.ご意見ご要望等は、院内に1階お手洗い前に設置してある「ご意見箱」か、メールフォームを設置しておりますので、そちらにお願いいたします。的確かつ効果的な処理を推進するため、週1回の経営幹部会議等で原因の検証を行い、その週のうちに全従業員に周知いたします。

お電話でのお問い合わせはコチラ

PAGE TOP